2018年3月から2019年2月まで、
下関東郵便局で放映されていた
弊社の紹介ムービーです。

相続・事業承継

相続税・事業承継

こんなお悩みありませんか?

☑相続税対策はした方がいいの?

☑相続税がかかるのはどんな場合?

相続と贈与の違いってなに?

☑事業承継について考えたいけどよく分からない…

☑特例事業承継税制が新設されたけど、どんな制度?

相続税・事業継承

そのお悩み、税理士法人維新と㈱TKCにお任せ下さい!!

(1)相続税・贈与税について

主な相続対策

① 財産を減らす 例)現金を使う
② 評価を下げる 例)空家を貸す
③ 控除を増やす 例)養子縁組をする

相続税の基礎控除

3,000万円+600万円×法定相続人数

生命保険の活用

生命保険金は500万円×法定相続人が非課税となります。また、受取人を指定することが出来ます。

生前贈与の活用について

生前贈与には贈与税がかかりますが、年間110万円は基礎控除がありますので、計画的に活用することにより、大きな節税効果が得られます。

相続時精算課税の活用について

60歳以上の父母または祖父母から、20歳以上の推定相続人である子または孫に対して財産を贈与した場合に、2,500万円の限度額に達するまで何度も控除が出来る贈与税の特例のことです。

もっと詳しく知りたい方は下記までご連絡下さい。
経験豊富な税理士・スタッフが対応致します!

電話番号はこちら
お問い合わせフォームはこちら
ぜひ一度お問い合わせください

(2)事業承継について

次の世代に事業を引き継ぎたい・・・

  1. 親族に事業を承継?
  2. 親族外(従業員)に事業承継?
  3. 第三者に事業承継(M&A)?
  4. 今話題の特例事業承継税制の活用?

特例事業承継税制について

  1. 「事業承継税制」 とは
    「事業承継税制」とは、後継者が株式を先代経営者から贈与・相続により取得した際、
    都道府県知事の認定を受けると、贈与税・相続税の納税が猶予される制度です。
  2. 「特例事業承継税制」 とは
    「特例事業承継税制」とは、①の事業承継税制に加え、100%の納税猶予を受けることができる10年間限度(平成39年12月31日まで)の特例措置のことです。
    この特例を受けるためには、以下の2点を満たしていることが必要です。
    (イ)平成30年4月1日から平成35年3月31日までに、都道府県に「特例承継計画」を提出し、確認を受けていること。
    (ロ)平成30年1月1日から平成39年12月31日までに、贈与・相続により自社の株式等を取得すること。

    なお、平成29年12月31日以前の贈与・相続は、この特例を受けることが出来ません。

    ※ 特例の認定を受けるためには、認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の関与が必要になります。
      維新は認定支援機関に認定されています!

もっと詳しく知りたい方は下記までご連絡下さい。
貴社にとって一番良い方法を、維新が一緒に検討致します!

電話番号はこちら
お問い合わせはこちら
ぜひ一度お問い合わせください